スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個体値の恐怖

ポケモン関連
11 /08 2006
 とりあえず育てたポケモンの個体値をチェック。今更だが。

 『ポケモンはステータスの仕組みが判明した時点で最恐のやり込みゲーと化す

 それを理解した今日この頃である。

・サーナイト
 目も当てられない……ほどでもないけどちょっと悪い。でも多分一番連れて歩いてる時間が長いと思うので今後とも頑張ってもらう。この子とラティオスはリーグ巡回用。ぶっちゃけラティ1匹だけでリーグクリアできるのだけど、やはりサナを傍に、ってのがあるわけで。

・ゲンガー
 とくこう&すばやさ31。予想通りの結果。これは使えると思う。
 大抵の相手には先手が取れる。頼りにしてるよ、マームラナ。

・ガブリアス
 10越えてるのが無いよ?よくここまで戦えたな……。作り直し確定。確かに使ってて強さを感じなかったのだけど、これはねーよwwwwwwww酷すぎる出来だ。可愛そうだけど2軍落ち。

・エレキブル
 こうげきが0という悪夢本来、攻撃個体値31なら現時点で攻撃力の数値は181ある計算。だがしかし、このエレキブルは165しかない。すばやさは最大値の31。これも作り直し。とりあえず良個体値のものがもう一匹いたのでそちらを育てて比較することに。結果は多分一目瞭然だと思うけど。性格がいじっぱりなのが難点。陽気が出るまで再びタマゴオンラインでもいいのだけど。かわらずのいし使えば性格遺伝できるしね。

・メガヤンマ/ユキメノコ/ミロカロス/メタグロス/ヨノワール/ジバコイル/ガラガラ/その他たくさん
 問題外でした。20越えてるのが1つとかそんな感じ。でももったいないのでそのまま使うけどね。対戦で見かけたら運がいいと思いながら潰すのがいいと思う。

 ちなみにこの事実を知った後に作ったマニューラはそれなりにいい出来だと思う。Wi-FiのLv100対戦で能力をチェックし、メモ。それを元に個体値計算機で個体値算出。数体のニューラから1体を育てて育成。当然冷凍パンチと猫騙しは遺伝済み。

 ちなみにニューラのことでひとつ。れいとうパンチとねこだましを遺伝させるには、ニャルマーとミミロル、アサナンとニューラが必要ですよっと。もっと楽なやり方もあると思うけどね。

 以下、自分がやった遺伝ルート。

 猫騙しを覚えたニャルマー♂とミミロル♀でタマゴ作り
  ↓猫騙しを覚えたミミロル♂を作る
 そのミミロル♂とアサナン♀でタマゴ作り
  ↓猫騙しを覚えたアサナン♂を作る
 そのアサナン♂をチャーレムに進化させる
  ↓ハートのウロコでチャーレムが冷凍パンチを取得
 そのチャーレム♂とミミロル♀でタマゴ作り
  ↓冷凍パンチと猫騙しを覚えたミミロル♂を作る
 そのミミロル♂とニューラ♀でタマゴを作る
  ↓
 生まれたニューラは“れいとうパンチ”と“ねこだまし”を覚えている

 と、こんな作業の末、晴れてニューラに遺伝が完了するわけです。面倒だけど、猫騙しのおかげでタスキ潰しができると思えば安いもの。冷凍パンチは必須なので覚えさせるのは当然ですし。

 ■ ■ ■

 さて、明日は研究室で教授と面談。ガクブル。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。